プロジェクト茨城 永遠のゼロ

[2016年04月] 更新の投稿一覧

【皆様へお知らせ】記念館は4月29日より再開です!!

「展示の縮小」と「地下要塞の公開終了」、「旧海軍司令部庁舎の今後」につきまして】

改修工事が終了致しまして、明日4月29日より再開致します!

筑波海軍航空隊記念館は、当初、『ロケに使用された映画の公開』と『終戦70年』に併せたイベントとしての事業として始まりました。開館よりこれまで、多くの講演会や戦争を語り継ぐ為の活動を行って参りました。その間、全国から15万人を超える皆様のご来館を頂き、バスツアーも初年度25本であったのが、2015年度は500本を超えるなど、大きな反響を頂いてきました。本来、取り壊しが決まっていた「旧海軍司令部庁舎」ではありましたが、この様な実績と、また見学できる状態で現存する唯一の旧海軍司令部庁舎である事、人類史上初となる体当たりを前提として設立された航空隊(神雷部隊)の設立にあたり、他の航空隊に約2カ月先駆けて、初めての特攻の意思確認の投票が行われた施設であり、茨城県に集中する「特攻が容認されていく過程の歴史遺産」の象徴となるダークツーリズム(負の遺産の観光)拠点である事を踏まえまして、今一度、茨城県・笠間市・記念館の運営を務めます実行委員会の3者間の協議により、庁舎の今後の方針を決める運びとなりました。

つきましては、2016年度の協議の結果が決まりますまでの期間、展示は規模縮小・地下戦闘指揮所は公開を休止します。

皆様には大変申し訳ございませんが、筑波海軍航空隊遺構群の保存と記念館事業の継続の岐路となる期間でございます故、当面、規模縮小での公開をご容赦頂きます様お願い申し上げます。
協議の結果次第では、公開の終了もあり得ますので、施設のご見学をご希望される方は、是非、今のうちにお越し頂く事をお勧め致します。
どうぞ引き続き、筑波海軍航空隊史跡活用事業をよろしくお願い致します。

筑波海軍航空隊記念館館長

記念館外観_R(庁舎外観)

DSC_1847DSC_1846(規模縮小展示中はパネルがスライドショーに(汗)

カテゴリー : お知らせ展示品紹介

世界的な特殊メイクアップアーティスト「レイコ・クルック」さん、ご来館!

フランス、パリを拠点に、数多くの映画・演劇で特殊メイクアップの技術を駆使する
世界的アーティスト「レイコ・クルック」さんが、
休館改修中の筑波海軍航空隊記念館にお越しくださいました。

レイコ・クルックさんは、自らの長崎県諫早市などでの体験を元に執筆された
「赤とんぼ」の映画化を希望されており、
当館の「赤とんぼ」の資料などを視察されました。
IMG_4300_RIMG_4302_R赤とんぼ(93中間練習機)は、記念館のカレンダーの最初を飾る
筑波海軍航空隊の象徴ともいえる機体の一つです。
2016calendarA2_02ol_R

記念館は、29日から再開します。
どうぞ引き続きよろしくお願い致します。

 

カテゴリー : お知らせ

【4月9日】お花見会について

4月9日、記念館の常連さん達がお花見会を企画してくれました。

記念館は改修中で、展示なども多くは撤去していますが、
この日は工事を入れませんので、
ご希望の方は記念館の見学も出来ます。(入館料実費)

どなたでも参加できますので、良かったら是非!
DSC_1778

===========================
筑波海軍航空隊記念館を愛する皆様にお花見のお知らせです。
どなたでもご参加出来ますので是非!
多少の飲食やクラフトも予定しています。

日時:4月9日 10:00~16:00
主催:ざっくり言うと常連
場所:筑波海軍航空隊記念館前のグランド
参加費:無料(飲食・クラフト・記念館見学は自己負担)
出欠:ありません。当日フラリとご参加下さい。

その他:※痛車がいます(艦これ縛り)。生暖かい目でご覧ください。     
    ※コスプレ希望者は記念館で更衣室を用意してくれます。
   (オールジャンル・登録等手続き無し・更衣室使用や撮影など館内に立ち入る場合は入館料実費)     
    ※来館者にはプレゼントあるかも?

記念館常連組に合流して頂くのは大歓迎ですが(常連組も講演会で顔見知り程度の関係です)、
別にシート敷いて勝手にお花見して頂くのも大歓迎です。
要は旧航空隊でのお花見をみんなで同じ日に行おう!という企画です。
楽しいひとときを過ごしましょう!皆様のご参加をお待ちします!

カテゴリー : お知らせイベント情報

1 / 11