プロジェクト茨城 永遠のゼロ

【講演会】「誰が特攻を始めたのか?ー特攻の始まりについての最新報告ー」

講演会「誰が特攻を始めたのか?」

久々の更新です!


 

【講演会】「誰が特攻を始めたのか?ー特攻の始まりについての最新報告ー」

日 時 :2018年8月18日 13:30~

場 所 :筑波海軍航空隊記念館 2F 映像研修室

講 師 :金澤大介 (筑波海軍航空隊記念館 館長)

特攻隊研究を進めている当館館長による最新報告講演会です。

この夏、茨城にあった“特攻隊”について思いを馳せてみませんか?

是非、お誘いあわせの上ご来館ください。

 

なお、「絶対知りたい!聞きたい!!」方向けご予約も承っておりますので是非!

★特別指定券&入場券(ノベルティー付)ご予約

 

みなさまのご来館、心よりお待ちしております!!

カテゴリー : お知らせイベント情報スタッフブログトップニュースプロジェクトからのお知らせ筑波海軍航空隊プロジェクト

【6月3日リニューアルオープン】と【休館5/28~6/2】のお知らせ

筑波海軍航空隊記念館は、6月3日(日)より全面リニューアル致します。
また、
引っ越し作業中の5月28日(月)~6月2日(土)は休館となりますで、
お出かけの際はご注意をお願い致します。

新たに生まれ変わる筑波海軍航空隊記念館を、
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します~!
(・▽・#/
180603リニューアル両面03改
180603ƒŠƒjƒ…[ƒAƒ‹•3 180603ƒŠƒjƒ…[ƒAƒ‹•3 180603リニューアル両面03改

カテゴリー : トップニュースプロジェクトからのお知らせ

久々の講演会です!!「彩雲」元搭乗員・田中三也さん

久々の講演会のお知らせです!!
(・▽・#/

元「彩雲」(海軍艦上偵察機)元搭乗員の田中三也さんの特別講演会を開催致します!
そして、講演に併せまして、日本に里帰りした「彩雲」の機体尾翼を一日限定公開します!!
現存する資料が極端に少ない彩雲の中でも、当時の塗装が残る非常に貴重な資料です。
GWはぜひ、筑波空へ!

2018年5月5日(土)13:30~ 筑波海軍航空界記念館にて

0505田中さん講演チラシ

-テキスト-
【特別講演開催!!】
旧日本海軍艦上偵察機「彩雲」元搭乗員が、里帰り「彩雲」機体尾翼と再会!!

●「彩雲」とは

海軍最速機としても名高い彩雲(さいうん)は、大日本帝国海軍が太平洋戦争中期から運用した艦上偵察機で、唯一、偵察専用として開発された艦上機です。
追撃するF6Fを振り切り「我ニ追イツクグラマン無シ」(「我ニ追イツク敵機無シ」だったという説もある)と打電したエピソードは、彩雲の高速性能を示す例として有名です。
戦争末期には、アメリカなど連合国軍艦隊の所在を確認する術が他に無く、彩雲に代表する偵察機が強行偵察を行い、マリアナ諸島東方哨戒、房総半島東南方哨戒などで活躍しました。
この度、講演をいただく田中三也さんは、これら偵察任務に実際に従事した方です。

●田中三也さんプロフィール

田中三也さんは、第五期甲種予科練習生として霞ヶ浦海軍航空隊へ入隊。
重巡洋艦『利根』の水偵搭乗員として、ソロモン海戦に参加。
南太平洋海戦では空母『ホーネット』を発見、その後炎に包まれるまでを目視しました。
マリアナ沖海戦では大型空母『サラトガ』の動向を追いました。
昭和20年2月からは、源田実大佐率いる『紫電改』部隊343空の偵察第四飛行隊に移動、
『彩雲』搭乗員となり3月19日松山上空の空戦をその目で見届けました。

●里帰り「彩雲」機体尾翼について
この度、日本に里帰りし、元彩雲搭乗員と再会する機体は、第121海軍航空隊所属機体番号「21-101号」の尾翼部分です。同機は、テニアン島駐屯時、昭和19年6月22日にアメリカ軍の攻撃で破壊されました。その後、アメリカのアンティークショップから、飛行機愛好家の小野寺強さんが譲り受け、日本に里帰りする事となりました。
現存する資料が極端に少ない「彩雲」の中でも、当時の塗装がそのままに残る当資料は、機銃の銃痕なども確認出来、海軍航空機の歴史と戦争の傷跡を示す非常に貴重な資料であります。
平成30年3月末まで三沢航空科学館で展示されていましたが、この度の特別講演にさいしまして、平成30年5月5日(土)の一日だけ、筑波海軍航空隊記念館にて一般公開致します。

●会期・会場

平成30年 5月5日(土)
筑波海軍航空隊記念館 2階イベント室 13:30~

Print

カテゴリー : お知らせイベント情報スタッフブログトップニュースプロジェクトからのお知らせ筑波海軍航空隊プロジェクト

2018年4月の休館のお知らせ

 

4月の休館のお知らせです。

 

毎週火曜日、4月9日(月)、4月21日(土)は休館とさせていただきます。

カテゴリー : お知らせスタッフブログ筑波海軍航空隊プロジェクト記念館ブログ

休館日設定&一部入館料改定のお知らせ

 

平成30年4月より、休館日の設定、及び入館料の一部改定をさせて頂きます。

変更は下記の通りです。

 

<休館日>

毎週火曜日、年末年始

(そのほか、展示替えや改修工事の関係等により休館になる場合もあります。)

 

<入館料>

・改定前(2018年3月31日まで)

 おとな:500円 (団体20名様以上:450円) 

 小学生~高校生:350円 (団体20名様以上:300円)

 ↓

・改定後(2018年4月1日以降)

 おとな:500円 (団体20名様以上:400円)

 小学生~高校生:300円 (団体20名様以上240円) 

 

ご理解とご協力を何卒宜しくお願い致します。

筑波海軍航空隊記念館

カテゴリー : お知らせトップニュースプロジェクトからのお知らせ筑波海軍航空隊プロジェクト記念館ブログ

【休館のお知らせ】2018年3月30日(金)

 

急なお知らせで申し訳ありませんが、2018年3月30日(金)は、改装工事等のため臨時休館となります。

 

ご来館を予定されていました方には、大変ご迷惑をお掛け致します。

 

記念館前の桜が開花しまいた!

記念館前の桜が開花しました!

カテゴリー : お知らせスタッフブログ筑波海軍航空隊プロジェクト記念館ブログ

【休館のお知らせ】2018年3月11日(日)、18日(日)

3月の休館のお知らせです。

 

2018年3月11日(日)及び2018年3月18日(木)は、改装工事等のため休館となります。

 

ご来館を予定されていました方には、大変ご迷惑をお掛け致します。

カテゴリー : お知らせプロジェクトからのお知らせ筑波海軍航空隊プロジェクト記念館ブログ

【三丁目の夕日展】開催!!

筑波海軍航空隊記念館では、3月31日まで、
【三丁目の夕日・写真展】を開催しております!!

小学館、ビッグコミックオリジナル連載、西岸良平作『三丁目の夕日』のマイファースト・ビッグ版の中で、
10年に渡り、戦後の生活を写真コラムとして連載された「齋藤利江」さんの写真が、
『三丁目写真館』という単行本となり、小学館より出版されました!

筑波海軍航空隊記念館では、写真集発売に併せまして、
「齋藤利江写真展~『三丁目の夕日』・昭和の軌跡展~」を開催いたします。

筑波海軍航空隊の司令部庁舎は、西岸良平先生原作の映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や、
映画『Always 三丁目の夕日』のロケ地でもあるんですよ!

「戦後の時代を生きる」をテーマに、旧司令部庁舎を使用しての最後の企画展となります。
是非、ご高覧下さい!!

※3月10日(土)は、
齋藤利江さんによる講演会(入場無料)を、友部駅前『地域交流センター「トモア」』にて、
13:30~より開催致しますので、そちらも是非!!

三丁目企画展_A4_訂正_R2018022119362620180223092557-220180227172352

カテゴリー : お知らせイベント情報トップニュース

【休館のお知らせ】2018年2月21日(水)、22日(木)

2月の休館のお知らせです。

 

2018年2月21日(水)及び2018年2月22日(木)は休館となります。

 

ご来館を予定されていました方には、大変ご迷惑をお掛け致します。

 

筑波海軍航空隊記念館は基本的に年中無休となっておりますが、

不定期でお休みを頂いております。

 

休館の際には、必ず当館ホームページのこのブログでお知らせ致しますので、

お手数おかけしますが、ご来館の際にはこちらを確認していただければと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

カテゴリー : お知らせ筑波海軍航空隊プロジェクト記念館ブログ

【咲-阿知賀編-】本日より全国ロードショー!!

A2_咲ロケ地ポスターol_R

清澄高校からのお知らせです。
(※筑波海軍航空隊記念館は、前作『咲-saki-』の中で、劇中の「清澄高校」のロケ地として使用されました)
『咲-阿知賀編-』が本日より全国ロードショー!!
ロケ地で使用して頂いた茨城県では特別に、茨城版限定ポスターが展開します!!
週明けから県内各地で掲示していきますので、探してみて下さいね!
 
掲示予定箇所
●シネプレックスつくば
●県内『咲』ロケ地
●県内TSUTAYAさん系列「書店」及び「レンタル」店
●笠間市関連施設
●小美玉市関連施設
●他、県内各地
 

カテゴリー : スタッフブログトップニュース海軍さんの街

1 / 2912345...1020...最後 »