プロジェクト茨城 永遠のゼロ

筑波海軍航空隊記念館
  • 筑波海軍航空隊プロジェクトTOP
  • 新着情報
  • 記念館について
  • 永遠の0との関わり
  • プロジェクト概要
  • 友部空くんについて
  • イベント情報
  • 展示品紹介
  • 記念館ブログ
  • 海軍さんの街
  • お知らせ

【沈没から70年】 戦艦「金剛」のカップが発見され、筑波海軍航空隊記念館に展示される!

戦艦「金剛」のカップが発見 戦艦「金剛」のカップが発見

【沈没から70年】
戦艦「金剛」のカップが発見され、筑波海軍航空隊記念館に展示される!

1944年に戦艦「金剛」が台湾沖で沈没してから70年を数えます。この度「金剛」ゆかりの遺品が元搭乗員の遺族によって発見され、『筑波海軍航空隊記念館』へ展示される事となりました。今回、発見されたのは「軍艦 金剛」の銘が入ったカップで、当時「金剛」砲撃手だった故関口富坂さんが、射撃競技で優秀な成績を収めたさい船内で頂いたもの。リキュールグラスの様な形状で、海軍の錨のマークも描かれている。

これらのカップは、同時に寄託されたアルバムと共に、筑波海軍航空隊記念館で2014年2月26日(水)より公開される。

遺族から記念館スタッフへ贈呈式

本日、遺族から記念館スタッフへ贈呈式が行われました。

同時に寄託されたアルバム

同時に寄託されたアルバム。戦艦「金剛」のタイトルが読める。
(アルバムは中の写真をデータ化した後、パネル展示致します。)

「金剛に関わるものは一部を除き海の底へ沈んでしまった。
このカップは「金剛」に実際にあったもので、大変に貴重な物。
大切に展示させて頂きます。」

とコメントを読むスタッフ。

コメントを読むスタッフ(*´∀`)